URWERKから、世界限定25本のUR-100V フルブラックチタニウムジャケットが登場

この新作を発表するにあたり、URWERKの共同設立者であるFelix Baumgartner(フェリックス・バウムガートナー)とMartin Frei(マーティン・フライ)は「ブラック の魅力は ブラック以外の何物とも比較できない。ブラックというカラーは、URWERKの創業以来、そしてこれからも、我々のシグネチャーです。最新モデル、UR-100V  Full Black Titanium Jacket(フルブラックチタニウムジャケット)はプレーンでありながら、生命力とエネルギーに満ちています。ブラックで統一されたアイテムは、心にストレートにメッセージを伝えるものでなければなりません。印象的で、強烈でなければならないのです。それが、私たちが今モデルで挑戦したかったことです。それはUR-100Vのピュアな美しさを表現することです。」と述べています。

URWERKの共同設立者であるMartin Freiは「URWERKの最初のスケッチから今日に至るまで、私は常にメタルブレスレットを想定し、デザインしてきました。メタルブレスレットは、手首に装着することで時計の延長となり、私の中ではデザインを完璧に補完する存在です。手首に装着したときに、素材(今モデルはチタン)がとても冷たいのがよいのです。しかし、それは時間の経過と共にとゆっくりと温まり、肌に馴染み、手首を優しく包み込んでくれます。また、非常に軽量なこのブレスレットは、リンクを指で刺激すると特別な音を奏でます。非常に美しく心地のよい音色です。」と語ります。またアーティストでもある彼は「私にとって、この時計は真の意味での成功であり、現実として命を吹き込まれたことを嬉しく思っています。」とも述べています。

この特別なブレスレットは、32個のブラックDLC処理が施されたサンドブラスト仕上げのチタンリンクで構成され、完璧な美しさを実現しています。
URWERKの共同創設者で主任時計師である Felix Baumgartner氏は、「最も着け心地の良い腕時計を目指しました。UR-100VFull Black Titanium Jacket は、人間工学に基づいた完璧な時計です。ブレスレットは超軽量で、驚くほどソフトな肌触りです。このブレスレットは、愉悦の代名詞ともいえるでしょう。」と述べています。

UR-100Vのドームの下では、URWERKのトレードマークであるサテライト配置の時・分表示に加え、UR-100V Full Black Titanium Jacket が、宇宙空間を駆け巡る装着者の姿を鮮明に浮かび上がらせます。分針が60分の旅を終えると、555kmの20分単位で再び表示されます。これは、回転する地球の赤道上に立っている場合、20分で移動する距離に相当します。一方、太陽を中心とした宇宙の旅は、20分で35,740km。20分間で35,740km移動することになります。

UR-100V Full Black Titanium Jacket のディスプレイでは、時間と距離が同列に表示され、時間と分はブルーで、キロメートルは明るいホワイトで表示されます。URWERKの共同設立者であるFelix Baumgartnerは、アンティーク時計の修復家として知られる父Geri(ゲリ)から贈られた時計からこのアイデアを得たことを明かしています。「それは、1893年の万国博覧会のためにGustave Sandoz(ギュスターヴ・サンド)が作った時計です。時刻を表示する代わりに、赤道上のある地点の移動距離を表示するものだったのです。」

URWEKの新キャリバー12.02は、3つの衛星で時間を移動させるカルーセルを駆動させます。Felix Baumgartnerは、「このムーブメントによってカルーセルのデザインが見直され、60分単位で連続的に移動する時間を分単位に近づけることができました。その結果、より簡単で直接的な時刻の読み取りが可能になったのです。」と述べています。
このカルーセルと、時間の上にある構造体は、陽極酸化アルミニウムから鍛造され、サンディングとショットブラストが施され、衛星のネジはそれぞれ円形にサンディングされています。衛星は、サンディングされた真鍮製のルテニウム製カルーセルの上に乗っています。時間表示の上部には、サンドペーパーとショットブラスト加工を施したアルミニウムが使用されています。UR-100の自動巻きローターは、ウィンドフェンガーと呼ばれる形状の空気ねじで制御されています。

Martin Freiは、「 UR-100V Full Black Titanium Jacket のケースには、どこか懐かしさを感じます。URWERKの時計をお持ちの方の多くは、我々の初期のモデルを思い出されることでしょう。我々は、初期のモデルのスタイル的な特徴をいくつか採用しそれを再構築しました」。と説明しています。「例えば、初期モデルのスチール製ドームは、現在では透明なサファイアクリスタル製になっています。チタンとスチールのケースの硬質なアウトラインが、その完成度を際立たせています。私は常に左右対称の法則と対立しているので、目を引かせるためにさまざまな比率を用いています。」と締めくくっています。

腕時計のスペック及び詳細

URWERK(ウルベルク)
UR-100V  Full Black Titanium Jacket(ウルベルク100V フルブラックチタニウムジャケット)
生産国:スイス
キャリバー UR-12.02(ワイディングファンガー社製のエアスクリューを使用した巻上げローターを搭載)
巻き上げ方式:自動巻
石数:40
パワーリザーブ:48時間
振動数:28,800
表示形式:ベリリウム・ブロンズ製 ジュネーブ・クロスのサテライト・アワー、アルミニウム製カルーセル、ARCAP合金製カルーセルおよび3連ベースプレート 
仕上げ:サーキュラー・グラインディングとサンディング・ショット・ピーニング、面取りされたスクリューヘッド、スーパールミノバで描かれた時分
インジケーション:衛星の時分:赤道上の回転距離を20分で、軌道上の距離を20分で表示
ケース径:Wide 41mm/Length 49.7mm/Thickness 14mm
素材:ショットブラストとサンディングを施したリューズにブラックDLCを採用、マットサンディングのロゴ、サンディングされたリュウズガードにブラックDLC、チタンケースにブラックDLCを施したケースバンド、ケースバックはDLC処理を施したチタンとサンディングされたブラックDLC
ガラス:サファイアクリスタル
防水性: 30m(3ATM)
ブレス:チタンにサンドブラスト加工を施した32個のリンク 
生産数:世界限定25本(入荷未定)

2022年6月15日予約受付開始
価格:10,351,000円(税込)

ウルベルクについて

URWERKの共同設立者である時計師のフェリックス・バウムガートナーは以下のように説明しています。
「我々の時計が唯一無二なのは、すべてがオリジナル作品としてデザインされているからであり、それが希少価値を高めているのです。私たちの主な目的は、時計製造の伝統的な枠を超えることです」。
URWERKの各モデルには、チーフデザイナーであるマーティン・フライのサインが入っています。
「私はクリエイティブには限界がないという信念を持っています。私は伝統的なしきたりに縛られることはありません。だからこそ、自分の文化的な遺産から自由にインスピレーションを得ることができるのです。」
URWERKは1997年に設立された若い会社ですが、独立系時計メーカーのパイオニアとして知られています。生産数は年間わずか150本。
彼らは自分たちの会社を「職人の工房」であると考えています。そこには伝統的な技術とアバンギャルドなスタイルが共存しています。
ウルベルクは前例のない、現代的な複雑な時計を製造していますが、その基準は、高級時計製造の最も厳しい基準である独自のデザインと研究、先駆的な素材、手作業による仕上げというものです。
ウルベルク(URWERK)という社名は、約6,000年前に設立されたメソポタミアの古代都市Ur of the Chaldeesの都市に住むシュメール人が、記念碑の影をもとに時間の単位を確立したことに由来します。
ドイツ語でUrは原始的なもの、Werkは成果や機構を意味します。
したがって URWERKは、「オリジナルのムーブメント」と訳すことができます。
幾世代にもわたる時計師たちの仕事が、今日、私たちが高級時計として認知しているものを生み出したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。