Czapekから地球上で最も希少な貴金属であるオスミウムを文字盤に採用した38.5mmSSケースの Antarctique Frozen Star Sが登場。

Frozen Star(フローズンスター)のダイアルは、地球上でもっとも希少な貴⾦属であるオスミウムから作られています。⾮常に硬く、⾼密度、⾼⽐重であるオスミウムは、6つの⽩⾦族⾦属の中のひとつであり、1803年にイギリスの化学者、Smithson Tennant(スミソン・テナント)によって発⾒されました。オスミウムは主にロシアと南北アメリカ⾒つかることがありますが、⾦の11倍も希少であり、地球の地殻内でもっとも少ない安定元素です。さらに、純粋なオスミウムは⾃然界では発⽣しません。ニッケルまたは銅鉱⽯の処理からの副産物としてのみ⼊⼿可能です。

オスミウムは鉛の2倍の密度で、とても硬いのですが脆い⾦属でもあり、結晶化しない限り不安定で、⾮常に⾼い温度(融点3,000度)に耐えることができるため、取り扱いが難しいことで有名です。しかし、独特な表⾯の質感を⽣み出す際⽴った構造と、強烈な⾃然の輝きを備えた結晶化したオスミウムは、深遠で、魅⼒的な美しさを持っています。
Antarctique S のオスミウムダイアルは、光を捉えると、深い⻘みがかったグレーからほぼ⽩⻘⾊に煌めくとともに、スチール製のケースとブレスレットのクールなシルバーのトーンとの劇的なコントラストを⽣み出します。

CZAPEK(チャペック)
ANTARCTIQUE Frozen Star S

生産国:スイス
キャリバー:Cal.SXH5
機構:時、分、秒、日付
直径:38.5mm
ケース素材:ステンレス・スティール
風防:サファイアクリスタル
パワーリザーブ:60時間
巻き上げ方式:自動巻き
振動数:28,800振動/時
石数:28
防水性:120m防水
メーカー保証:3年間
価格:10,890,000円税込(予価)

クロノセオリーはCZAPEK(チャペック)の正規販売店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。