私はこれでロレックスが買えました – sk_brownshoes – TROPHY WINNERS 時計愛好家が人気時計の買い方を語る

TROPHY WINNERS
時計愛好家が人気時計の買い方を語る
私はこれでロレックスが買えました。

売る側の気持ちを考えて、
身の丈にあったものを買う。

sk_brownshoesさん 大阪市在住

月に2〜3度相談してみる

 コロナ対策で入場規制のために、表に立っている若い店員さん(顔はお互いに知っている程度で、話した事は無い)に、「ミルガウス有ります?」と聞くと、即答で「青なら有りますよ」と、割とレアなモデルにも関わらずすんなり案内してくれた事もありました。2020年夏の話です。
 しかし普段は月に2〜3度、行きつけの店舗に買い物のついでに寄っています。担当さんが居れば今興味のあるモデルを相談し、欲しい物を決めて伝えておく。来店ごとにその入荷進捗を聞き、在庫確認をします。来店頻度が多くても迷惑で気が引けるし、少ないとチャンスが少ないような気分になります。
 買えるまでは、軽い自己嫌悪に襲われます。「自分の購買力では相手されないんじゃ?」とか、「転売マラソンと同列に思われているんじゃないか?」とか。そして「並行品でも買えば早く楽になるのでは?」と、プレミア価格で買うルートに浮気しそうになります。
 実際には116610LVグリサブが買えました。前述の自己嫌悪により、一旦正規店が嫌いになり来訪を止めました。最後と決めた来訪時に「もう来ない。」と話して足早にお店を出ようとすると、走って追いかけてきて「そう言わずぜひ来て下さい」と頭を下げて下さいました。数ヶ月後に販売規制の導入が有り、ふらっと寄ると「今後は欲しい方にきっと行き渡ると約束します」と熱く話して頂き、実際に翌月購入出来ました。

まずは担当者を決めて1本買う

 プロフェッショナルSS(ステンレススチール)モデルは人気ですから、それだけを買い続けるのは無理だと思います。サブを買ったら妻のDJ31、GMTが買えたならハズしのオイパペやDJ36など、年に1.5〜2本ペースでコレクションして行くと良い流れに乗れると思います。それ以上のペースで「自分だけ抜け駆け」は、良い印象を与えません。
 談笑で人となりと時計の好みを聞かれます。混雑時はその余裕が無く、また聞き耳を立てる人も多いので…

続きはクロノセオリーマガジン本誌でご覧ください。

この記事について話し合うオン会に参加するにはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です