くろのぴーすエディション第10弾として、衛星を模して好きな角度に回転できるジャンプアワー時計MAGHNAM MADAR “The Funnel”を販売開始

エキゾチックなのに機能的

この度クロノセオリーより、くろのぴーすエディション第10弾として、宙を舞うステルス型オールレンジ攻撃用兵器をイメージしたエキゾチックさと機能性を兼ね備えるMAGHNAM MADAR “The Funnel”を発売します。
MADAR(マダール)は、今までになかったジャンプアワー表示と360度回転型ケースの組み合わせによる、どの角度に回転しても時間が読める腕時計です。
超少量生産の独立系イタリア腕時計ブランドMAGHNAM(マグナム)による高級ハンドメイド腕時計であり、このブルーのくろのぴーすエディションはクロノセオリーのみで販売されます。

360度回転型ケースで好きな角度に

MAGHNAMは、アラブ系でイタリア在住の自動車工業デザイナーMAGHNAM氏が立ち上げたブランドであり、この新作MADARは装着したまま腕時計本体を360度好きな角度に回転させることができます。
MADARはアラビア語で衛星とその軌道を意味しており、この腕時計はMAGHNAM氏の宇宙への想いを具現化したものです。
そのイメージをベースに、「腕に乗せる衛星型時間測定兵器」というモチーフをもって発展させたのが、くろのぴーすエディションの第10弾となる”The Funnel”です。

未来の銀河旅行体験をカタチに

ジャンプアワー方式を採用することにより、腕時計自体を星と見立てて、機構の時間表示を自立した「自転」とするのであれば、装着する所有者がそのケースを回転させる行為はある意味能動的な「公転」と言えるでしょう。それら独立して同時におこる腕時計は、このMADARのみと言えます。
まさに公式ウェブサイトにてMAGHNAM氏が解説する通り、このMADARは同氏自身の未来における銀河旅行体験への憧れを映し出した作品となっています。
MADARは360度回転ケースの恩恵を受けて、装着後に好きな角度に調整できる機構を備えていますが、通常の時刻表示では上下左右が分からなくなり混乱するところを、ジャンプアワー方式の時間表示によって、どの角度でも時刻が一目できる実に理に適った腕時計です。

好みのままに着けられる

軌道上の衛星という名のままに、自由に微妙な角度を付けて装着できる時間測定装置というMAGHNAM氏の宇宙への憧れに加えて、くろのぴーす氏の宇宙やロボットへの憧れを加味して、宙を舞うステルス型のオールレンジ攻撃用兵器をイメージして作られたのがこのMADAR “The Funnel”です。
単なるギミックおもちゃではなく、機械式腕時計としての機能性を損なうことなく、回転ケースという想像を見事に具現化しており、美しい見た目と品質を実現した高級腕時計として仕上がっています。
年間ごくわずかしか生産されないこの腕時計は、不思議なことに一旦腕につけるとそこまで主張しすぎることもなく、意外と程よい個性を主張してくれます。この美しい腕時計が、宇宙、メカ、ロボットに憧れを持つ方の手元に届くことを待ち望んでおります。

商品のスペックおよび詳細

MAGHNAM MADAR The Funnel

ケース素材:316L ステンレススティール
風防:立体成型ガラス
機構: 時、分
直径: 35mm×52mm
パワーリザーブ: 38時間
巻き上げ方式:自動巻き
振動数: 28,800振動/時
防水性: 日常生活防水

2022年1月15日販売開始
価格: 779,700円(税込)

詳細ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。