私はこれでパテック フィリップが買えました -ピカ男さん- TROPHY WINNERS 時計愛好家が人気時計の買い方を語る

TROPHY WINNERS
時計愛好家が人気時計の買い方を語る
私はこれでパテック フィリップが買えました。

買えるだけ買いながら、
あとは待つ。

ピカ男さん 西日本在住

憧れを伝える

 パテック フィリップの当時の人気モデルである5970シリーズが、2本素材違いで手に入れられたことがありました。
 5970Pは、販売期間ギリギリで欲しいって希望して、なんとか手に入ったのでとても嬉しかったです。正直手に入らないと諦めていました。今思えば、レマニア永久クロノは無理して買って良かったです。
 自分がどれだけ時計が好きか、欲しいモデルにどれほど憧れているかを伝えようとします。心から欲しい時計がすぐ手に入るなら、ローンを組むことも手段の一つとして検討します。でも、店員さんに媚びへつらったり、ご機嫌とりをしてまで買いたいとは思いません。
 うれしい悲鳴としては、欲しいモデルが複数あり、たくさんオーダーしていたのですが、その多くが短期間に納品になってしまい、支払いに苦慮した事もありました。一部の商品はローンでなんとか乗り切りました。まさかそんな短期間に納品が押し寄せてくるとは、夢にも思いませんでした。
 結局、私が実際に買えて思い入れのあるパテックはこれです。
5711R:初めてのパテック フィリップでした。当時まだそれほど購入のハードルが高くなかったので、割とスムーズに買えました。四六時中着用していたために傷だらけですが、今でも大切な時計です。
5980R:発売当時興味がなかったのですが、他社のラグスポ(ロイヤルオーク)を購入後に改めて興味を持ち、購入に至りました。カジュアルスタイルで使うことの多い時計です。カタログと実物では迫力が違う、と感じる時計のひとつです。
5970P:スーツでもカジュアルでも使える時計です。購入後数年間は使いませんでした。それは自分がこの時計をつけるにはまだ未熟、と感じていたからです。そして数年前にやっと着けることが出来ました。

コンスタントに買う

 継続的に買い続けることです。コンスタントに買っていれば、通常手に入りにくいスポーツモデルも待てば手に入りやすいです。長いお付き合いをすれば相手からも信頼してもらえますし、こちらのワガママも少々は聞いてもらえます。実際ドレスウォッチの大物を買い終えてからは…

続きはクロノセオリーマガジン本誌でご覧ください。

この記事について話し合うオンカイに参加するにはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です