ARMIN STROMからレゾナンス技術の5周年を記念したユニークピース 「Zeitgeist(ツァイトガイスト)」が登場

スイスの独立系マニュファクチュールARMIN STROM(アーミン・シュトローム)から、レゾナンス技術の5周年を記念した特別なピースが登場します。Zeitgeist(ツァイトガイスト)は、アーミン・シュトロームが特許を取得したレゾナンス・クラッチ・スプリングと、最も安定して時を刻むことを可能にするその技術にスポットライトを当てています。この特別な機構は、ブランドの理想と、時計製造における最先端の研究と進化への注力を証明しています。ツァイトガイストは、レゾナンス・ウォッチの次なるステージを象徴するものです。

アーミン・シュトロームの独創的な技術は、ツァイトガイストではメカニズム全体を露出させることでドラマチックに表現されています。このツァイトガイストは、科学的に証明された特許取得済みのレゾナンス・クラッチ・スプリングを新しいキャリバーに搭載することで、その技術を一新し、控えめな美しさを実現しています。43mmのケースはプラチナ製で、ムーブメントはアーミン・シュトローム社のスペシャリストが社内で製作したもので、ジャーマンシルバー、スチール、真鍮などの伝統的な時計製造用の金属で作られています。ムーブメントは、この個性的な時計の中心に配置されておりをミニマルなダイヤル部と繊細な装飾が特徴です。コンセプトに忠実に、レゾナンス・クラッチ・スプリングとデュアル・バランス・ホイールがムーブメントの端にカンチレバー方式に配置されており、アーミン・シュトロームの革新的な技術に目を見張らされます。

「私たちはこの5周年を記念して、共鳴技術に敬意を表し、スケルトン化のルーツに敬意を表した芸術作品を作ることにしました。このツァイトガイストのムーブメントは、一つひとつ丁寧に製造されており、レゾナンス・メカニズムを明確に表現しています。これまでには無し得なかったことなので、私たちはとても興奮しています。」とアーミン・シュトロームの共同設立者であり、主任時計師でもあるクロード・グライスラーは述べています。


レゾナンス・テクノロジーと一貫性の価値

アーミン・シュトロームは、クリスチャーン・ホイヘンス、アブラアン-ルイ・ブレゲ、アンティード・ジャンヴィエが数世紀前に発見したことに学び、レゾナンスの研究を始めました。昔の名匠たちは、科学機器として最も正確で一貫性のある時計を作ろうとする技術者であり、新しい原理を発見するためのテストを行っていました。彼らは振動系の共振現象を時計に応用することには成功しましたが、その困難さゆえ、この実用化は非常に貴重な偉業といえます。


時計におけるレゾナンス(共鳴)の概要

アーミン・シュトロームは、ブランドの精神に則り、この技術を習得しました。しかしながら、この現象を簡単に説明するのは難しいのです。
共鳴とは、振動する2つの機構が互いの振動エネルギーを伝達し、それぞれが相手の速度に影響を与えることです。2つの振り子やテンプを共通の構造物に取り付けると、振動子を支える構造物に小さな振動(エネルギーの波)が伝わります。このエネルギーによって、反対側の振動子に小さな力が加わったり減ったりして、遅い方を速く、速い方を遅くすることで、両者の速度が平均化されます。
この現象は、両方の速度が完全に同期し、お互いに一定の速度を保つようになるまで続けられます。ブレゲの初期の実験に基づいて、アーミン・シュトロームは、共振を生み出す最も効果的な方法は、共有するサスペンションを介して2つの振動子をリンクさせることであることを発見しました。これにより、振動が最も直接的な方法で反対側のテンプに伝わるようになります。


アーミン・シュトロームの特許取得済みレゾナンス・クラッチ・スプリング

アーミン・シュトロームのレゾナンス・クラッチ・スプリングは、これを可能にします。1枚のスチールから作られたレゾナンス・クラッチ・スプリングは、両方のヒゲゼンマイの間でエネルギーを伝達し、バランスホイールを素早く共鳴させるように設計されています。アーミン・シュトロームの最新のレゾナンスは、最も迅速で信頼性が高く、レゾナンスを使用している他のどの時計よりも早く同期します。
2つのヒゲゼンマイとテンプをつなぐ柔軟なサスペンション、レゾナンス・クラッチ・スプリングのおかげで、アーミン・シュトロームのレゾナンス・ウォッチはすべて、衝撃や振動に対する耐性が向上しています。精密さと一貫性は、機械式時計製造の究極の目標であり、レゾナンスはこれらの素晴らしい時計が1日、1週間、1ヶ月にわたって安定した時間を保つために重要な役割を果たしています。アーミン・シュトロームが目指すのは、それを所有するオーナーに毎日、正確に時間を知らせてくれる時計です。
レゾナンス・クラッチ・スプリングはスチール製で、シリコンのようなハイテク素材よりも安定した性能を発揮し、温度変化にも耐えられます。また、実績のある素材と最新の手法を用いて寿命を延ばし、保守性を高めることで、レゾナンス・クラッチ・スプリングのポテンシャルを高めています。端的に表現すると、ツァイトガイストは寿命の長い腕時計なのです。

レゾナンスの5周年を迎えて

アーミン・シュトロームのレゾナンス技術は、セルジュ・ミシェルとクロード・グライスラーがブランドを完全なマニュファクチュールに変えてからわずか7年で発表されました。その間、2016年の「ミラード・フォース・レゾナンス」を皮切りに、2018年には「ピュア・レゾナンス」と「デュアルタイム・レゾナンス」、2019年には世界初の共鳴式チャイムウォッチ 「ミニッツリピーター・レゾナンス」と、4つのレゾナンスモデルを製作してきました。
アーミン・シュトロームの独創的な発明の5周年を記念して、今回発表した5つ目のレゾナンス・ウォッチが、世界にひとつだけのツァイトガイストです。創業者のセルジュ・ミッシェルは、「ツァイトガイストは、私たちのブランドの歴史と未来に重要な役割を果たしている共鳴技術を称えるものです。これは、時計製造の進化に対する我々の信念を表しており、我々のマニュファクチュールにおける共鳴の次なるステージを明確に示しています。」と述べています。世界中の腕時計愛好家が、アーミン・シュトロームの次なるステージを楽しみにしているはずです。

アーミン・シュトロームについて

アーミン・シュトロームはスイス、ビエンヌに本拠を置く独立系の腕時計ブランドです。アーミン・シュトロームのタイムピースはドイツ系スイスの時計製造の伝統、アバンギャルドな「透明なメカニズム」、そして時計づくりのイノベーションへのたゆまぬ努力、その全てが見事に融合したものです。ブランドのホールマークは、少数ロット、クラフツマンシップによる時計づくり、ダイアル側にオープンしたメカニズム、オートオルロジュリーの最高基準の手仕上げによるパーツです。
アーミン・シュトロームは1967年、ハンド・スケルトンのアートのレジェンドと呼ばれたアーミン・シュトローム氏により設立されました。2006年、シュトローム氏の時計づくりのレガシーをマスター・ウォッチメーカーのクロード・グライスラーと実業家のサージュ・ミシェルが引き継ぎました。二人は2009年、アーミン・シュトローム社を完全に社内一貫製造体制を持つマニュファクチュールとして生まれ変わらせました。今日、ブランドは設計、開発、切削加工、エンボス加工、メッキ加工、手仕上げ、組み立てなど全ての工程を社内で行っています。この体制を完備することにより、外部からの調達に関する問題が起きることもなく、複雑なプロジェクトにも安心して取り組むことができるようになりました。



テクニカルスペック

ブランド: ARMIN STROM(アーミン・シュトローム)
モデル:Zeitgeist (ツァイトガイスト)
リファレンスナンバー:PT21-ZG.50
ムーブメント:アーミン・シュトローム社製キャリバーARF21_ZG(特許取得済みの共振クラッチスプリング、2つのゼンマイ香箱 )
巻き上げ方式:手巻き
調整システム:レゾナンスクラッチスプリングで連結された2つの独立したレギュレーションシステム、ツインセコンドフライバック 
パワーリザーブ:80時間 
サイズ:直径43 mm/厚さ11.55 mm/ラグ間の幅22mm 
振動数:25,200(3.5Hz)
石数:39個 
構成パーツ数:260
ケース :プラチナ 
ケースバック:反射防止加工済 サファイアクリスタル
防水性: 5気圧
文字盤:18Kホワイトゴールド “ヴェルニ・ラケ・ポリ”
指針: アーミン・シュトローム社製 ステンレススチール(手仕上げ) 
ストラップ:ブラックアリゲーターレザーストラップ、ダブルフォールディングクラスプ
生産数:世界限定1本のユニークピース
価格:お問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。