LADY BEAT ー TRICODING : Armin Strom

TRICODING : Armin Strom
LADY BEAT

美しさを優先した戦略的妥協

くろのぴーす Chrono Peace

 これは、一般的な女性用モデルとは異なり、男性用のGravity Equal Forceの径を単に小さくしただけではない。機構美と様式美について、常日頃から男性の愛好家とは真逆の優先順位で価値判断をしている女性に対して、SYSTEM 78の新機構はそのままに、妥協なしに構成を組換えたという、大胆なコンセプトの女性用腕時計である。
 一般的に言われる女性向けのケースサイズ制限。男性用では香箱と対称に置かれていたマイクロローターを、ケース裏のフルサイズのローターに置き換えることによって平面積を圧縮し、それを見事にクリアしている。よって対称性には一部妥協が見られるが、プレートの形状を活かして月に見立てることによって、仕上げの美しさを全面に押し出している。
 機械や機構自体に興味が向きにくい女性に対して…

価格以上の見事な仕上げ

広田雅将 Masayuki Hirota

 アーミン シュトロームの魅力のひとつに優れた仕上げがある。あえて複雑な機構を省き、仕上げと造形を強調したのが女性用のレディービート。その良さは、実物を見ないとわかりにくいが、目の肥えた人ならば、見れば理解できるだろう。理論上のコストパフォーマンスも極めて高い。
 複雑機構を省きながらも、いかにもアーミン シュトロームらしい見た目を持つのは、レイアウトのユニークさと丁寧な仕上げを省かなかったため。コストダウンをしようと思えばいくらでもできるだろうが、あえてスタイルを守ったのはプライドの表れか。価格を抑えたのも見事だ。
 ブランドで買う人に、おそらくこの時計は響かないだろう。名前も知られていないし、トゥールビヨンのようなメカニズムを載せているわけでもない。加えてケースもステンレスだ。しかしこの時計は…

続きはクロノセオリーマガジン本誌でご覧ください。

この記事について話し合うオン会に参加するにはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です